お金 すぐ 必要

「緊急でお金が必要になったけど貯金残高が足りない・・・」

 

「今すぐお金を借りたいけど、借りる宛てもない・・・」

 

あなたは今、このような事でお困りではありませんか?

 

金銭的に余裕がなくなると誰でも焦るもの・・・

 

焦るあまりに人から金を借りようとして人間関係を壊してしまったり、違法な闇金業者に手を出してしまう人も多いようです。

 

取り返しのつかない事態になる前に、まずは落ち着いて・・・・正常な判断を心掛けましょう。

 

たとえ緊急時であっても、安全に現金を調達する方法はあるんです。

 

当サイトでは、「お金がすぐ必要」ななたのための安全な対処法を分かりやすく解説していきます。

 

この記事を読めば、きっとあなたは「なぁんだ、こんなに簡単に解決できるのか」と思えるはず!

 

だから、安心して読み進めていってくださいね。

 

大きく深呼吸をして・・・・・・では、いきましょう!

 

 

お金がすぐ必要な時の対処法は?

2019年現在では、即日融資可能な金融機関は「消費者金融カードローン」のみです。

 

キャッシング未経験の方にとっては、とっつきにくいイメージがある消費者金融カードローンですが・・・

 

例えば「プロミス」のようなテレビCMなどでよく目にするような大手のカードローン会社であれば、最短1時間でご融資可能です。

 

さらに、「30日の間無利息期間」を設けいているカードローンサービスもあるので、緊急時にはとっても頼りになる存在なんです。

 

債務整理中・未成年・無職などの特別な理由がない限り、「お金がすぐ必要」という状況では、消費者金融カードローンが最善の一手といえるでしょう。

 

最短でお金を借りる3つのステップ

インターネットでネットで申し込みをする

まずは、【プロミス】や【SMBCモビット】など大手カードローンの公式ホームページから、インターネットで申し込みをします。

 

申し込みは、お手元のスマホやPCから必要な情報を入力するだけでOKです。

 

必要書類を提出する

審査時に必要な身分証明書(運転免許証など)を提出します。

 

収入証明書(源泉徴収票)が必要な場合もありますが、50万円以下の借り入れであれば不要な場合がほとんどです。

 

提出方法は、以下のいずれかの方法が選べます。

 

  • 書類の現物の写メを送信する
  • 会員ページからデータをアップロードする
  • お近くの自動契約機で書類のコピーを提供する
  • FAX送信で送る

 

これらの方法であれば、実際に店頭に出向かなくても必要書類が提出できます。

 

また、郵送することもできますが、書類が届くのに時間がかかってしまうのでおすすめはしません。

 

借入

審査結果が電話、もしくはメールで送られてきますので、そこで審査が通っていれば、あとは現金を引き出すだけです。

 

借入方法は、ご自身の銀行口座に振込みしてもらうこともできますが、最も早い方法はお近くの自動契約機でカードを受け取り、隣接されている専用ATMか、提携しているコンビニのATMで現金を引き出せば、その場でキャッシング可能です。

 

この3つのステップをクリアすれば即日現金で借り入れが可能です。

 

審査が通るかどうか心配な場合は、

 

まずは、【プロミス】や【SMBCモビット】など大手カードローンの公式サイトから、「借入シミュレーション」をしてみましょう!

 

緊急時におすすめのカードローン厳選3社

プロミス

3865

 

融資限度額 500万円
融資利率 4.5%〜17.8%
審査通過率 46.30%(平均)

 

おすすすめポイント
  • 即日融資可能
  • 初回30日間無利息サービス(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
  • 最短1時間借入可能
  • 会員優待サービスあり
  • 50万円まで収入証明不要
  • 郵送物なし、カードレスのWeb完結
  • カードレスでの契約が可能
  • 最短10秒で振り込み可能な瞬フリサービスも人気!

 

プロミスの特徴

プロミスは、審査から借り入れまで流れが分かりやすく、とにかく借り入れまでがスピーディーです。

 

お金を借りる状況は人それぞれですが、「お金が今すぐ必要」ということであれば、間違いなくプロミスを選ぶのが正解です。

 

また、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座をお持ちの場合は「瞬フリサービス」が利用できますので更にスピーディーな借り入れが可能です。。

 

 

 

SMBCモビット

3830

おすすすめポイント
  • 即日融資可能(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)
  • 電話連絡、郵送物なしのWEB完結申し込みも好評!
  • 年会費無料でTピントをためることができる
  • 2016年・2018年オリコン顧客満足度ランキング ノンバンクカードローン2年連続第1位の実績

 

SMBCモビットの特徴

SMBCモビットは、即日融資可能なだけでなく細やかなサービスで顧客満足度が高いのが特徴です。

 

借り入れに関しても、審査申し込みの入力項目が少なく、煩わしくないスムーズに申し込みが可能。

 

そして、なんといっても「プライバシーへの配慮」がSMBCモビットの魅力です。

 

電話連絡、郵送物なしのWEB完結申込であれば、お金を借りたことが、家族や勤務先にバレる心配がありません。

 

無利息期間こそありませんが、即日融資可能でサービス内容が素晴らしいので、今後も利用することを考えるとSMBCモビットを選んでもいいかもしれません。

 

 

アイフル
融資限度額 800万円
融資利率 3.0%〜18.0%
審査通過率 46.53%(平均)

 

おすすすめポイント
  • 即日融資可能
  • 最短30分で審査可能
  • 初めての方に限り最大30日間無利息
  • インターネットで24時間365日いつでも申し込み可能
  • 利用限度額が50万円以下で、他社を含めた借入総額100万円以下の場合収入証明書不要

 

アイフルの特徴

アイフルは、最短30分で審査可能で独自津融資も可能です。

 

人気のWEB完結では、専用のアプリをダウンロードすればスマホがカードになるとても便利なサービスが大好評!

 

24時間365日、お近くのセブン銀行ATMで取引が可能になります。

 

 

初めてのご利用ならプロミスがおすすめ

ここまで3社のカードローンサービスをご紹介しましたがいかがでしょうか?

 

もしあなたが、どのカードローンサービスを選ぼうか迷うようでしたらプロミスがいいかもしれませんね。

 

この記事では、サービスが充実している大手消費者金融を3社に厳選してご紹介していますので、どれを選んでもサービス内容に大きな差はありません。

 

ただ、「お金が今すぐ必要」という状況下であれば、3社の中でも申し込みから借り入れまでがスピーディーなプロミスが最適です。

 

もし、スムーズかつノーリスクでお金を借りたいと思っているのであれば、プロミスを利用してみてはいかがでしょうか?

 

プロミスの公式サイトはコチラ>>

お金がすぐ必要になるのはこんな時・・・

この記事を読んでいただいているなら、あなたは現在「お金がすぐ必要」な状況に置かれていますよね。

 

しかし、今の状況を卑下する必要は全くありません。

 

なぜなら、急にお金が必要になる状況は誰にでも起こりうるからです。

 

例えば、以下のようなケースが考えられます。

 

 

  • 会社からの急な飲み会の誘い
  • 突然のけがや病気による医療費
  • 冠婚葬祭などの出費が重なる
  • 交通委派の罰金が払えない
  • どうしても欲しい期間限定商品がある
  • 予期せぬ減給や解雇で生活費が苦しい
  • 残高不足でクレジットカードの引き落としができない

 

 

いかがでしょうか。

 

このように、たとえ真面目に働いていたとしても、急にまとまったお金が必要なる状況は訪れるものです。

 

ただ、お金の問題はデリケートなので、誰も表立って言わないというだけなんですね。

 

それ故、気軽に相談できる相手もいない・・・・そんな歯がゆい状況の置かれている人は少なくありません。

 

ですから、

 

「自分はダメな奴だ・・・」なんて思わずに、まずはこの状況を賢く乗り切る方法を、この記事から見つけていただければと思います。

ずぐに必要な金額は?-借入限度額について-

あなたが、すぐに調達したいお金はいくらですか?

 

違法な闇金を除く正規の貸金業者サービスのうち、即日融資可能なのは「消費者金融カードローン」のみというお話をしました。

 

カードローンでお金を借りるにしても・・

 

「いくらまで借りられるんだろう?」

 

「必要な金額が借りられるんだろうか?」

 

という不安を抱える方も多いでしょう。

 

そこで!

 

ここからは、消費者金融カードローンの借入限度額についてお話していきましょう。

 

融資限度額の違い

消費者金融カードローンでは、融資できる金額の上限(融資限度額)が設定されています。

 

【カードローン融資限度額3社比較】

カードローン会社 融資限度額
プロミス 500万円
SMBCモビット 800万円
アイフル 800万円

 

 

このように、

 

カードローン会社によって、融資限度額には差があります。

 

高額なお金を借りる必要があるならば、SMBCモビットやアイフルのような融資限度額の高いカードローンを選ぶ必要がありますが、

 

借入には審査があり、あなたの年収や属性から最終的に融資できる金額を決めるため、融資限度額まで借りられるとは限りません。

 

むしろ、

 

お申し込みの際、あまりに高額な借入希望額を入力してしまうと、審査の際に不信感を抱かれて、審査自体が通らない可能性があるので、注意が必要!

 

特に、以下のような人は希望額の設定には慎重になる必要があります。

 

  • 年収が少ない
  • 他社からの借り入れがある
  • キャッシングの経験がない

 

そして、消費者金融カードローンの借入限度額については貸金法による総量規制も絡んでいます。

 

総量規制

総量規制とは、貸金業法によって定められた借入金額の上限のこと。

 

これによって、債務者が借りられる金額の上限は「年収の3分の1まで」となっています。

 

例えば、あなたの年収が300万円だとすると、あなたが貸金業者から借りられる金額は

 

300万÷3=100万

 

で、100万円までということになります。

 

そして、この「年収の3分の1まで」という制限は、すべての貸金業者から借りた総合計の金額ですので、

 

複数の消費者金融からお金を借りた場合でも、年収の3分の1を超える融資はできない仕組みになっています。

 

 

債務者の年収や借入残高のデータは、「指定信用情報機関」というとこころに集められます。

 

そして、この指定信用情報機関を通じてカードローン会社は、債務者の情報を確認することができるわけです。

 

ですので、審査の段階で他社からの借り入れが「年収の3分の1」に達していた場合は借入不可になります。

銀行カードローンは即時融資ができない

即日融資が可能な貸金業者は、消費者金融カードローンのみという話をしましたね。

 

その時、「銀行からは借りられないの?」と疑問に思いませんでしたか?

 

確かに、銀行にもカードローンのシステムがあります。

 

この、銀行カードローンも、以前は即日融資も受けることができたのですが、金融庁の調査が入ったことにより、2018年以降は即日融資ができなくなりました。

 

その背景には、以下の2つの問題があります。

 

  • 総量規制を超える融資
  • 反社会的勢力への融資

 

総量規制を超える融資

消費者金融などの貸金業者は、「貸金業法」による総量規制が適応されるため、債務者は年収の3分の1以上の融資は受けられません。

 

しかし、銀行の場合は「貸金業法」ではなく「銀行法」という法律が適用されるため総量規制の対象外になります。

 

つまり、銀行カードローンでは年収の3分の1以上の金額の融資設けられたのです。

 

その結果、銀行が債務者の返済能力を超える貸し付けをしてしまい、銀行カードローン利用者が自己破産にまで追い込まれる事例が多発しました。

 

これを受けて、金融庁は銀行の審査体制が不十分だと判断し調査が入ったわけです。

 

銀行側は、入念に審査をするために、自主規制というかたちで即日融資を廃止しました。

 

反社会的勢力への融資

2013年の週刊誌のスクープで、某メガバンク傘下の銀行が、暴力団関係者に融資を行っていたことが発覚しました。

 

これにより、金融庁は銀行に対して債務者の情報を警察庁のデータベースに照会するよう義務ずけたのです。

 

警察庁へのデータベース照会は、審査の段階で行われるため、銀行カードローンの審査には時間がかかるようになりました。

バレずにすぐお金を借りたい

 

「お金がすぐ必要だけど、お金を借りたことは知られたくない・・・」

 

借金したことが家族や勤務先にバレることを懸念してカードローンを利用しない人も少なくありません。

 

もし、

 

誰にもバレずにこっそりお金を借りたいということであれば、SMBCモビットのWEB完結申込がおすすめですよ!

 

SMBCモビットのWEB完結申込がバレにくい理由

WEB完結申込とは、文字通り「お申し込み」から「借入」まで全てWEBで完結させるというサービスです。

 

これが、なぜバレにくいのか?

 

その理由を説明していきますね!

 

まず、借金がバレる原因としては以下の3つが考えられます。

 

  • 郵送物
  • 電話連絡
  • キャッシングカード

 

例えば、カードローン会社から自宅に届いた郵送物を、奥さんに開けられてしまいバレてしまうケースや、

 

借入の際に必要なキャッシングカードを財布の中に入れているのを見られて借金がバレるというケースがあります。

 

また、通常のカードローン会社では、審査において勤務先へ「※在籍確認の電話」が必ずあります。

 

「在籍確認の電話」では、社名(プロミス、アイフルなど・・・)は名乗らず、担当者の個人名(鈴木、田中など・・・)で電話をかけますので、

 

基本的に借金がバレることはありませんが、可能性は0とは言えません。

 

また、勤務先から電話があったことを告げれれる場合もありますので、何かしら誤魔化すための言い訳を用意しておく必要があります。

 

【※在籍確認の電話】

「在籍確認の電話」とは申込書に記入(入力)した勤務先に本当に勤めているかどうかを確認するために、カードローン会社が勤務先にかける電話です。

 

多くのカードローン会社では、審査において「在籍確認の電話」が必須項目となっています。

 

 

これらの、バレる原因になとなっているものをすべて回避できるのがSMBCモビットの「WEB完結申込」です。

 

SMBCモビットの「WEB完結申込」では、郵送物や勤務先への電話が一切ありません。

 

郵送物でのやり取りがない代わりに、提出書類などは、スマホで撮った写真データか、スキャナーで取り込みしたデータを専用のアプリに送信する形となります。

 

また、カードレスでの借入も可能なので、キャッシングカードが他人に見られる心配もありません。

 

もちろん、

 

WEBから申込ができるカードローンサービスは沢山ありますが、電話連絡や郵送物でのやり取りは避けられない部分があります。

 

「WEB完結申込」のように借入まですべてのことをWEB上で済ませることがでるサービスはSMBCモビットのみです。

 

ただし、「WEB完結申込」を利用するには以下2つの条件が必要です。

 

WEB完結申込の利用条件
  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っている。(本人名義に限る)
  • 社会保険証(全国健康保険協会発行)もしくは組合保険証を持っている。

※国民健康保険証(自営業者など)、船員保険証(船員)の方はWEB完結申込の対象外となります。

 

 

これらの条件を満たし、「バレずにこっそりお金を借りたい」ということであれば、SMBCモビットのWEB完結申込を利用してみましょう。

 

もちろん、即日融資も可能ですので「今すぐ」にも対応したサービスとなっています。

 

ブラックだけど、すぐにお金を借りたい

すぐにお金を借りたい場合、安全で確実な方法は消費者金融カードローンです。

 

しかし、

 

過去に債務整理やローンを延滞した経験がある、いわゆる「ブラック」の方は、カードローンの審査に通る見込みがありません。

 

つまり、緊急時にお金が必要な時、即日融資可能なカードローンを利用できないわけです。

 

ここからは、

 

「ブラックだけど、すぐにお金を借りたい」

 

そんな状況に陥ったときの対処法を解説していきます。

 

ブラックとは?

ブラックとは、一言でいうと「信用情報に事故情報が載っている」状態のことです。

 

日本には、

 

※各公式サイトにリンクしております。

 

という、3つの信用情報機関が存在し、

 

個人のクレジットカードやローンの申込、契約内容、延滞情報、利用残高など・・・あらゆる信用取引の情報がここに登録されています。

 

つまり、過去に債務整理やカードローン、携帯電話賞金などの支払い延滞が発生した場合は、それが事故情(異動情報)として登録されてしまうわけです。

 

これが、いわゆるブラックリストに載った状態

 

カードローンの審査において、申込者の信用情報は必ず参照確認されますので、そこで事故情報が見つかると、審査に通るのはかなり厳しい状態となります。

 

「ブラック」かどうかは、信用情報機関の公式サイトで情報を照会することで判断できます。

 

不安な場合は、上記のリンクから各信用情報機関の公式サイトにアクセスして、確認してみてください。

 

では、具体的な対処法について解説していきましょう。

 

街金でお金を借りる

街金とは、いわゆる中小規模の消費者金融のことを言います。

 

従来は、特定の地域で運用している地域密着型の貸金業者が多く、街角にオフィスを構えて運用していたことから「街金」と呼ばれるようになりました。

 

しかし、最近ではインターネットの普及により全国どこにいても「街金」に申し込みができるようになりました。

 

大手消費者金融カードローンと同様に、街金でお金を借りる際にも審査を受ける必要があります。

 

しかし、多くの街金は、大手の消費者金融カードローンの審査に通らない客層をターゲットにしているため、

 

プロミスやSMBCモビットなどの審査に通らなかった、あるいは通る見込みがない方でもお金を借りられる可能性があります。

 

もちろん、それでも100%審査に通る保証はありませんが、

 

  • 過去に債務整理をした経験がある方
  • 信用情報に何らかの事故情報が登録されている方

 

であっても、申し込んでみる価値はあります。

 

街金は、大手消費者金融カードローンと同様に「貸金業法」「利息制限法」基づいた内容の運用となっています。

 

間違って、違法な闇金業者に申し込んでしまわないよう注意が必要です。

 

もし、街金を利用するのであれば、知名度の高い老舗の街金を利用すると安心です。

 

安心して使える老舗の街金3選
セントラル

 

創業40年を超える安心と実績がある街金「セントラル」

 

インターネットからの申し込みで即日融資可能です。

 

【セントラル】公式サイトへ>>

 

アロー

来店不要でWEB申込で24時間全国受付!

 

独自審査のため、過去に自己破産・債務整理された方もご相談可能です。

 

初回貸付の多さも魅力。

 

【アロー】公式サイトへ>>

 

フクホー

創業45年の老舗消費者金融「フクホー」

 

インターネットでの申込みで来店不要、即日融資も可能です。

 

最高200万円までのゆとりのローンも可能

 

女性専用のレディースキャッシングもあるため、女性も安心してお金が借りられます

 

主婦の方、債務整理中の方でもお気軽にご相談ください。

 

【フクホー】公式サイトへ>>

 

質屋でお金を借りる

質屋では、信用情報に関係なくお金を借りることができます。

 

質屋でお金を借りる方法としては、あなたが持っている貴重品(おもに高級時計やブランドバッグ)を質に出します。

 

質に出した貴重品によって借りられるお金が設定され、その貴重品を担保に現金を受け取ります。

 

一般的に、返却までの期限は3か月前後で、期限までに借りた金額+質料を支払えば、担保の貴重品を受け取ることができます。

 

期限までに支払うことができなければ、「質流れ」といって、質に出した貴重品の所有権が質屋に移ります。

 

つまり、

 

質屋なら、担保として提供できる貴重品があれば、ブラックでもお金を借りることができるということです。

 

仮に、期限までに返済できずに「質流れ」になったとしても、これは信用取引ではないので、信用情報に記録が残ることはありません。

 

ですので、

 

ブラックでもすぐお金が借りたいということであれば、ご自宅に「質に出せそうな貴重品」があるかどうか確かめてみてはいかがでしょうか。

 

 

親や友人からお金を借りる

金融機関からお金を借りることが難しいなら、親や友人からお金を借りるというのも一つの手段です。

 

もし、あなたのピンチに快くお金を貸してくれる人が周りにいるのであれば、その善意に甘えてもいいかもしれませんね。

 

ただし、身内や知り合いからお金を借りるということは、

 

場合によっては、あなた自身が信頼を失ったり、思わぬ金銭トラブルに発展してしまうリスクを孕んでいます。

 

逆の立場になって考えれば容易に分かることですが、貸し手に対して「返してもらえないかもしれない心配事」を一方的に押し付ける形になります。

 

ですので、お金を借りるという行為は、貸し手に対して非常にストレスをかける行為なんです。

 

親からお金を借りる場合も同様で、身内ほど金銭トラブルに発展しやすいというのは、遺産相続などで揉める事例が多いことからも解りますよね。

 

そこで、

 

お金を借りるときのアドバイスとしては、たとえ親や友人であっても、借用書を作成することをおすすめします。

 

さらに、借用書に法的効力を持たせるためには「※金銭消費賃借契約書」というものを作成しましょう。

 

金銭消費賃借契約書は、貸し手と借り手の双方が署名捺印をして、各々が1通づつ保管するというものです。

 

【金銭消費貸借契約書(きんせんしょうひたいしゃくけいやくしょ)】

将来の弁済を約束した上で、金銭を消費するために借り入れる契約書のこと。
参照:Wikipedia) 

 

このような、法的効力のある契約書を自ら提示することで、金銭をラブルに発展するリスクを回避するだけでなく、必ず期限までに返済するという意思表示ができます。

クレジットカードのキャッシング枠を使う方法

 

主に、買い物に使うクレジットカードですが、ATMなどからお金を借りられる「キャッシング機能」が付帯しています。

 

具体的には、クレジットカードを作る際に、買い物で利用する「ショッピン枠」と、お金を借りられる「キャッシング枠」を設定し、審査を受けたはずです。

 

クレジットカードのキャッシング機能は、急にお金が必要になった時に便利で、「キャッシング枠」の範囲であれば今すぐにでもお金を借りることができます。

 

ご自身のカードの「キャッシング枠」をいくらに設定したかは、カードを作った際に送られてきた契約書、もしくは、クレジットカードの会員用ホームページで確認することができます。

 

これは、カードを作る段階で審査に通っていますので、カードローンのように審査を受ける必要がないからですね。

 

もしあなたが、クレジットカードを持っているなら、キャッシング枠を利用してお金を借りるという方法も検討してみてもいいかもしれません。

 

ただし、金利手数料や「ショッピング枠」との兼ね合いもありますので、メリット・デメリットを理解した上で利用するのがよいでしょう。

キャッシング機能の利用法

実際に、クレジットカードのキャッシング機能を使ってお金を借りる方法としては、

 

提携銀行のATMもしくはコンビニATMなどから以下の操作で行います。

 

  1. ATMタッチパネル上で「お引き出し」を選択
  2. クレジットカードを挿入する
  3. 暗証番号を入れ、「お借入れ」を選択
  4. 返済方法を選択(一括払い、リボ払いなど・・・)
  5. 借入希望額を入力
  6. 現金を引き出す

 

このように、通常のATMからお金を引き出す操作と大差がないので、非常に簡単です。

 

また、別の方法としてインターネット上で、希望額を口座に振り込んでもらうこともできます。

 

クレジットカードの金利は高い

クレジットカードは「ショッピング枠」で買い物をする分には、金利はかかりませんが、

 

「キャッシング枠」を使ってお金を引き出すと当然のことながら金利手数料が発生します。

 

クレジットカード金利は、100万円以下の借入であれば、18%前後が相場です。

 

18%というと、大手消費者金融カードローンと同じか、少し高めの設定ですね。

 

キャッシング枠を利用する上での注意点

クレジットカード「キャッシング枠」は、「ショッピング枠」の利用限度額に含まれています。

 

つまり、「キャッシング枠」というものが別で設けられているわけではないんですね。

 

たとえば利用限度額30万円のクレジットカードで、「キャッシング枠」を10万円に設定した場合。

 

キャッシング機能で借りられるお金は10万円まで。

 

仮に、10万円借りたとすると、「ショッピング枠」で使えるお金は20万円ということになります。

 

このように、

 

キャッシング機能でお金を借りると、「ショッピング枠」の利用限度に額影響を及ぼすということも考慮した上で利用しましょう。

 

また、

 

クレジットカードのキャッシングは、消費者金融カードローンと同様に「総量規制」の対象になりますので、

 

他の貸金業者からの借り入れも含めた借入の総額が、債務者の年収の3分の1以上となる場合、お金を借りることができません。