カードローン 総量規制 対象外

カードローンの総量規制に縛られたくないなら

画像

「総量規制」について知っていますか?

 

消費者金融カードローンは、「貸金業法」という法律のもと融資をしているため、総量規制によって借入限度額が制限されることになります。

 

総量規制による制限とは、はあなたの年収の3分の1以上の借入はできないというもの。

 

ただし、

 

  • 総量規制対象外の借り入れ方法でお金を借りる
  • 総量規制対象外の金融機関を利用する

 

この2つの方法でお金を借りれば、総量規制による制限を受けることはありません。

 

この記事では、総量規制の概要と、総量規制対象外でお金を借りる方法についてわかりやすく解説していきます。

 

 

総量規制とは

総量規制とは、貸金業法という法律によって定められた借入限度額のことを言います。

 

具体的には、債務者が貸金業者から借りられる金額の上限は、「自分の年収の3分の1まで」という制限です。

 

例えば、あなたの年収が900万円だとしたら、

 

900万円÷3=300万円となり、

 

借入限度額は300万円ということになりますね。

 

更に言うと、この「自分の年収の3分の1まで」という制限は、すべての貸金業者から借りた金額の合計を指します。

 

ですので、複数の貸金業者から借入をしても総量規制による制限を受けてしまうということになります。

 

今回の例で言うと、総量規制による借入限度額が300万円ですので、

 

  • プロミスで150万円
  • SMBCモビットで100万円

 

借りていたとすると、他の貸金業者から借りられる金額は50万円までとなります。

 

借入金額が総量規制に達した場合

借入金額が総量規制(年収の3分の1)に達した場合は、新たな借入ができなくなります。

 

仮に、お申込みをしたとしても審査が通らなくなるからです。

 

他社からの借り入れ状況や返済残高に関する個人情報は、審査の際に「信用情報機関」に集められ管理されています。

 

貸金業者は審査の際に、お申込み者の信用情報を参照し、借入希望額が総量規制に達していないかをチェックします。

 

そして、

 

お申込み時の借入希望額と、他社からの借入金額の合計が、年収の3分の1を超えていら、その時点で審査に落ちます。

 

※お申込み者の信用情報は必ずチェックされますので、虚偽の申請をしても審査に通ることはありません

 

【関連記事:カードローン|審査の流れと審査に通らない理由を徹底解明!

 

総量規制の目的

総量規制は、「貸金業法」という法律のもと2010年6月18日に定められました。

 

総量規制が定められた背景には、多重債務者の問題があります。

 

かつて、貸金業者から借金を抱えすぎて返済できなくなる多重債務者が増加し、社会問題にまで発展しました。

 

生活がが苦しくなった債務者は、返済のために他社から借り入れをし、借金が膨れ上がるという悪循環に陥ってしまい、自殺してしまうケースもあったようです。

 

このような最悪の事態を避けるため、総量規制という制限を設けたわけです。

 

つまり、総量規制は債務者を守るためのルールとも言えますね。

 

総量規制の対象外となるケース

ここまでの内容から、総量規制による制限で、年収の3分の1までしか借りられないということがご理解いただけたかと思います。

 

ただし、全てのケースで総量規制の対象となるわけではありません。

 

例えば、貸付残高に含まれない「除外貸付」や、顧客の利益の保護に支障を生ずることがない「例外貸付」は、総量規制の対象外となります。

 

除外貸付け

例えば、住宅ローンや自動車ローンなど、大きな買い物で特定のローンを組んだ場合の貸付は、総量規制から除外されます。

 

つまり、貸付残高に含まれない融資ということになります。

 

このように、特定の目的のローンを組むことで、総量規制対象外の融資を受けることも可能です。

 

他にも、総量規制が除外される(貸付残高に含まれない)融資として、以下のようなものがあります。

 

【除外貸付(施行規則第10条の21第1項各号)】

  • 不動産担保貸付
  • 高額医療費の貸付
  • 有価証券担保貸付
  • 自動車購入時の自動車担保貸付
  • 手形の割引(※融資手形を除く)
  • 金融商品取引業者が行う500万円超の貸付
  • 売却予定不動産の売却代金により返済できる貸付
  • 不動産購入または不動産に改良のための貸付(※そのためのつなぎ融資を含む)

 

例外貸付

「例外貸付」とは、債務者の返済能力があれば年収の3分の1以上の貸し付けも認めるとして、「施行規則第10条の23第1項各号」に記載されているケースです。

 

例えば、例外貸付けには次のようなものがあります。

 

【例外貸付(施行規則第10条の23第1項各号)】

  • 顧客に一方的有利となる借換
  • 緊急の医療費の貸付
  • 社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付
  • 配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付
  • 個人事業者に対する貸付
  • 預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付

 

「顧客に一方的有利となる借換」は少しわかりにくいですが、

 

いわゆる「※借り換え」や「※おまとめローン」などがこれに該当します。

 

【※借り換え】

現在借り入れしてるカードローンから、より低金利なカードローンに借入先を変更することで、返済総額を減らすこと

 

【※おまとめローン】

複数社から借入している場合、これらの一本化することで金利を下げ、返済の負担を減らすこと

 

【関連記事:カードローン|金利・利息の計算方法をわかりやすく解説!

 

総量規制対象外のカードローン

総量規制は貸金業法という法律の下に定められていますので、貸金業法に基づいて融資をしている貸金業者でないものは、総量規制対象外となります。

 

総量規制対象外のカードローンとして代表的なものが銀行カードローンです。

 

銀行カードローンは、「銀行法」という法律に基づいて運用しているため、総量規制による制限がありません。

 

もちろん、銀行カードローンにも審査がありますので、借入限度額に制限がないわけではありませんし、誰でもお金が借りられるわけではありません。

 

しかし、総量規制による制限を受けたくないということであれば、銀行カードローンを検討してみてもよいのではないでしょうか。

 

他にも、総量規制の対象となるカードローンには次のようなものがあります。

 

  • ろうきんカードローン
  • 信用金庫カードローン
  • 信用組合カードローン
  • 農協カードローン

 

【関連記事:銀行カードローンと消費者金融カードローンの違い

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

それでは、ここまでの内容を振り返ってみましょう。

 

【この記事のまとめ】

  • 総量規制とは、貸金業法という法律によって定められた借入限度額のことをいい、債務者が貸金業者から借りられる金額の上限は、「自分の年収の3分の1まで」という制限があります。
  • 「自分の年収の3分の1まで」という制限は、すべての貸金業者から借りた金額の合計を指します。
  • 借入金額が総量規制に達した場合、貸金業者からの借入審査には通らなくなり、新しい借入ができなくなります。
  • 総量規制の対象外となるケースは、貸付残高に含まれない「除外貸付」や、顧客の利益の保護に支障を生ずることがない「例外貸付」です。
  • 「借り換え」や「おまとめローン」なども総量規制の対象となります。
  • 銀行カードローンは、「貸金業法」ではなく「銀行法」のもと運用しているため、総量規制の対象外となります。