カードローン 返済方法

カードローン|返済方法は賢く選ぶ

画像

カードローンを初めて利用する方の中には、

 

「借りたお金ってどうやって返済するの?」

 

「どんな返済方法がいいの?」

 

という疑問を持つ方も少なくありません。

 

実は、カードローンの返済方法は1つではなく、まざまな方法を選ぶことができます。

 

この記事では、カードローンの返済負担を減らすポイントや、延滞のリスクを減らすコツについて、わかりやすく解説しています。

 

この記事を最後まで読めば、あなたはご自身のライフスタイル合った方法で賢く返済できるようになりますよ。

 

 

返済方法の選び方

プロミスを始めとする大手消費者金融カードローンでは、以下のような返済方法があります。

 

  • ATMからの振込
  • 口座からの引落し
  • ネットバンキングでの返済
  • 銀行振込

 

それぞれの返済方法にメリット・デメリットがあり、あなたのライフスタイルに合った返済方法を選ぶのがベストです。

 

それでは詳しく見ていきましょう。

 

ATMからの振込

カードローン会社専用ATM、もしくか提携しているコンビニATMから返済する方法です。

 

ご自身のタイミングで返済するため自由度が高く、大手のカードローンであればコンビニATMが利用可能なので、

 

深夜・早朝に関わらず好きな時間に返済できてとっても便利!

 

そのため、多くの方が利用している返済方法です。

 

また、ATMからの振込であれば返済の記録が残りませんので「ご家族にバレたくない」という方にはおすすめの返済方法になります。

 

ただし、自動返済ではないので、うっかり返済期限が過ぎると延滞してしまうリスクがあるので注意が必要です。

 

口座からの引落し

あなたの銀行口座から決められた日に引落しされる便利な返済方法です。

 

ATMからの振込と違い、自動で返済されるため「うっかり返済期日を過ぎてしまった」というような心配がありません。

 

ただし、通帳に返済の記録が残ってしまうので、ご家族にカードローンの利用がバレたくない方にはおすすめできません。

 

ネットバンキングでの返済

ジャパンネット銀行などの、ネットバンキングを使った返済も人気です。

 

ご自宅のパソコンやスマホアプリからいつでも返済できるため、時間や場所を選びません。

 

スマホが普及した近年では、ネットバンキングがカードローン返済の主流になりつつあります。

 

ただし、こちらも返済の記録が残ってしまうので、ご家族にバレたくない方はATMを利用した方がいいかもしれません。

 

銀行振込

あなたが普段利用している銀行から返済することも可能です。

 

ただし、際立ったメリットがなく、「振込手数料がかかる」「通帳に記録が残る」というデメリットがあるため、

 

返済方法として銀行振込を利用する人は多くありません。

 

返済の負担を減らす2つのポイント

返済方法を工夫することで、返済の負担を減らすことができます。

 

少しでも、返済負担を減らすためには、

 

  • 返済手数料
  • 繰り上げ返済

 

この2つのことに注目して、返済総額を少なくする必要があります。

 

返済手数料

返済にATMを利用するなら、返済手数料を気にした方がよいでしょう。

 

各カードローン会社の自社ATMを使用すれば、手数料がかからないことが多いですが、提携しているコンビニATMからの返済ですと、手数料が発生することが多いようです。

 

一度の返済にかかる手数料は100〜200円程度ですが、毎月に支払いの度に支払っていると結構な金額になってしまいます。

 

例えばプロミスですと、自社ATMなら手数料無料。

 

提携しているATMを利用する場合、三井住友銀行提携ATMのみ無料でその他のATMは手数料が発生します。

 

大手の消費者金融カードローンであれば、大きな駅周辺に手数料無料の自社ATMを設けているところが多いため、返済には便利です。

 

繰り上げ返済

カードローンでは、借入残高によって月々の最低返済額が設定されます。

 

返済期限までに、その最低返済額を支払うわけですが、返済に余裕がある場合はそれ以上の金額を返済することも可能です。

 

このように、前倒しで最低返済額以上の返済をする事を「繰り上げ返済(随時返済)」といいますが、この繰り上げ返済を積極的にすることで、返済の負担を減らすことができます。

 

というのも、カードローンの利息は借入残高に応じて変動する「残高スライド元利定額返済方式」という方式をとっており、次のような計算方法で算出されます。

 

【利息の計算方法】
利息=借入残高×年利×借入日数÷365日

 

例えば、金利が年18%%で、10万円を1年(365日)で返した場合と3か月間(90日)で返した場合を比較してみましょう。

 

【10万円を1年(365日)で返済した場合の利息】
10万×18%×365日÷365日=18000円

 

【10万円を3ヵ月間(90日)で返済した場合の利息】
10万×18%×365日÷365日=4438円

 

このように、

 

カードローンの利息は日割り計算ですので、1日でも早く返済した方が利息の負担が減るようになっていますので、余裕ができたら積極的に繰り上げ返済をしていきましょう。

 

【関連記事:カードローン|金利・利息の計算方法をわかりやすく解説!

 

返済の延滞のリスクを減らす方法

カードローンの返済を延滞すると、「遅延利息」といって、借入残高に対して通常より高い金利がかかってしまいます。

 

いわゆるペナルティーですね。

 

大手の消費者金融カードローンでは、「遅延利息」を20%に設定しているところが多く、以下のように算出します。

 

【遅延利息の計算方法】
遅延利息=借入残高×遅延損害金の年利(20%)÷365日×遅延日数

 

つまり、遅れた日数分だけ20%という金利がついてしまうわけです。

 

それだけでははく、信用情報機関にも、返済を延滞したことが金融事故として登録されてしまいます。

 

さらに、2ヶ月以上延滞が続いた場合には、カードローン利用不可となる場合もあるのです。

 

ですので、返済の延滞は絶対に避けたいところ!

 

そこで、カードローンの返済延滞のリスクを減らすために工夫したいのが「返済期日の設定」です。

 

カードローン会社にもよりますが、プロミスなどの大手の消費者金融カードローンであれば、毎月の返済期日を、ある程度自由に決めることができます。

 

(※例えばプロミスであれば、月々の返済期日を【5日、15日、25日、末日】の中から選べます。)

 

この、返済期日をなるべく給料日と近い日に設定するのがおすすめ!

 

なぜならば、お給料が入って貯金残高に余裕があるうちに返済を済ませることができるからです。

 

つまり、「返済給料日前にお金を使い込んでしまい返済できない」というような事態は避けられます。

 

また、自動返済可能な「口座引落し」のであれば、うっかり返済し忘れることもないので安心です。

 

ご返済シミュレーションのすすめ

プロミスやSMBCモビットの公式サイトに、返済計画をシミュレーションできる機能があります。

 

簡単な入力で、あなたの借入金額に応じた

 

  • 月々のご返済金額
  • ご返済期間
  • お借入可能額

 

が、具体的な数字として出るようになっています。

 

もし、借り入れ後の返済に不安があるのであれば、お申込み前に「ご返済シミュレーション」をしておくのがよいでしょう。

 

ご返済シミュレーション窓口

 

3866

 

3830

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

ここまでの内容を簡単に振り返ってみましょう。

【この記事のまとめ】

カードローンの返済方法には、

 

  • ATMからの振込
  • 口座からの引落し
  • ネットバンキングでの返済
  • 銀行振込

 

があり、それぞれメリット・デメリットがあるので、あなたのライフスタイルに合った方法を選びましょう。

 

返済の負担を減らすには、返済総額を少なくすることが重要!

 

そのためには、次の2つのことがポイントです。

 

  • 返済手数料がかからない自社ATMを使う
  • 繰り上げ返済で利息の負担を減らす

 

 

返済を延滞してしまうとペナルティーが発生し、遅延日数分の「遅延利息」を支払わなければいけません。

 

返済を延滞しないためにも、返済期日はできるだけ給料日に近い日に設定しましょう。

 

借り入れ後の返済に関して、不安が残る場合は、お申込み前に「ご返済シミュレーション」をやってみましょう。