銀行 消費者金融 違い

カードローン|銀行と消費者金融の違いを知ろう

画像

「カードローンって、色々あってよくわからない・・・。」

 

「銀行と消費者金融、どちらからお金を借りればいいんだろう・・・?」

 

キャッシングの経験がないと、このような悩みを抱えがちです。

 

銀行カードローンと消費者金融カードローンは、どちらも融資を受けられるサービスですが、

 

金利・審査・サービス内容など、様々な面で違いがあります。

 

この記事では、カードローンサービスにおける銀行と消費者金融の違いについてわかりやすく比較していきますので、

 

次のような方は、ぜひこの記事をお役立てください。

 

  • これからカードローンを利用しようとしている方
  • ご自身の状況に合ったカードローンをお探しの方
  • 銀行と消費者金融の違いについて知りたい方

 

 

銀行カードローン・消費者金融カードローンとは

気軽にお金を借りれるものの代表として「銀行カードローン」と「消費者金融カードローン」があります。

 

両者は「お金を貸す」という点において、基本的に同じサービスですが、貸し手の業態によって区別されます。

 

消費者金融は、一個人に対して無担保で融資を行う貸金業者のことを言います。

 

消費者金融カードローンの代表的な会社として

 

 

などがあります。

 

一方、銀行カードローンとは、銀行が個人向け融資として取り扱っているカードローンサービスになります。

 

三井住友銀行や三菱UFJなどのメガバンクをはじめ、地方銀行やネットバンキングでもカードローンサービスを取り扱っています。

 

無担保で融資を行う点では、消費者金融カードローンと変わりはありませんが、両者には金利・システム・サービス内容などに様々な違いがあります。

 

それでは、具体的な違いについてみていきましょう!

 

適応される法律の違い

銀行カードローンと消費者金融カードローンでは、そもそも適応される法律が違います。

 

銀行カードローンは、「銀行法」消費者金融カードローンでは「貸金業法」という法律のもと融資をしているんですね。

 

この2つの法律は、「お金を融資する」という点で違いはありません。

 

しかし、消費者金融は貸金業(融資)を本業とするのに対し、銀行は融資以外にも

 

  • 預金
  • 為替
  • 投資

 

など複数の業務を行っているため、適応される法律を分ける必要があるわけです。

 

総量規制が適応されるのは『消費者金融カードローン』

「貸金業法」と「銀行法」は、融資において様々な違いがありますが、最も抑えておきたいポイントは「※総量規制」でしょう。

 

貸金業法のもと運用している消費者金融カードローンは、総量規制が適応されるため、お金を借りられる上限金額の制限を受けます。

 

【※総量規制】

総量規制とは「貸金業法」のもと2010年に定められた借入金額の制限。

 

利用者は、自分の年収の3分の1以上の金額を借りることはできない。

 

なお、「年収の3分の1」という規制は、すべての貸金業者からの借入金額の合計がそれにあたる。

 

総量規制は、多数の貸金業者からの借入で、返済できずに破産してしまう「多重債務者」の問題を解決するために定められた、利用者を守るための制限である。

 

一方で、「貸金業法」ではなく「銀行法」に基づいて運用している銀行カードローンでは、総量規制による制限を受けることはありません。

 

また、

 

消費者金融カードローンであっても、借り入れ方法によっては総量規制の対象外となるケースもありますので、これについて詳しく知りたい場合は以下の記事を参照してください。

 

【関連記事:カードローン|総量規制の対象外となるケースについて

 

銀行カードローンなら年収の3分の1以上借りられる?

銀行カードローンは、総量規制の適応外なので、法律的には年収による借入金額の制限はありません。

 

しかし、利用者の借入限度額は、各金融機関の審査基準によって判断されるため、無制限にお金を借りられるわけではありません。

 

もちろん、総量規制による制限がないため、年収の3分の1を多少超える融資をする事もありますが、多くの場合年収の3分の1に収まる融資をする傾向にあるようです。

 

銀行カードローンの、最終的な上限融資額は1000万円前後と言われていますが、初回で融資される金額は10万〜30万円程度と考えておきましょう。

 

金利・利息システムの違い

銀行カードローンと消費者金融カードローンでは、金利の相場が違います。

 

大まかに言うと、銀行カードローンの金利は年3〜15%程度、消費者金融カードローンの金利は年5〜18%程度です。

 

銀行カードローンの方が金利が低く設定されていますので、利息の返済負担は銀行カードローンの方が少ないんですね。

 

利息の計算方法の違い

実は、銀行カードローンと消費者金融カードローンでは利息の計算方法も異なります。

 

これは、両者の返済方式の違いによるものです。

 

消費者金融カードローンの場合は「リボルビング返済方式」ですので、利息の計算は、

 

利息=借入残高×年利×借入日数÷365日

 

となり、借入金額に対して金利がかかる仕組みとなっています。

 

これに対し、銀行カードローンの場合は「※元利均等返済(元加方式)」といって、月々の返済額が一定になる方式をとっています。

 

【※元利均等返済】

元金と利息を合わせた返済額は変わらず、返済金額に占める元金と利息の割合が毎月変化する返済方式。

 

返済額が一定のため、計画が立てやすいが返済総額が多くなる傾向にある。

 

元利均等返済の利息の計算方法はとても複雑なので今回は割愛しますが、利息について詳しく知りたい場合は、各銀行カードローンの公式サイトから返済シミュレーションルーを利用するとよいでしょう。

 

【関連記事:カードローン|金利・利息の計算方法をわかりやすく解説!

 

審査基準の違い

銀行カードローンも消費者金融カードローンも、各社の具体的な審査基準公表していませんが、

 

基本的には、銀行カードローンの方が審査基準が厳しく設定されています

 

実際に、消費者金融カードローンの審査に通っても、銀行カードローンの審査に落ちてしまう人も多く、

 

銀行カードローンは金利が低い分、借入のハードルが高いと考えておいた方がよいでしょう。

 

また、審査スピードにも差があります。

 

大手の消費者金融カードローンであれば、即日融資にも対応しているところが多いのですが、

 

銀行カードローンの場合は、審査回答が最短でも翌日となり、即日融資には対応していません。

 

この、審査時間の差は、銀行カードローンが反社会勢力への融資を行わないために、警察庁のデータベースに照会する「反社チェック」に時間を要るることと、

 

以前に、総量規制を超える融資で自己破産をする人が増えたため、自主規制という形で即日融資を廃止したことが背景にあります。

 

【関連記事:カードローン|審査の流れと審査に通らない理由を徹底解明!

 

サービス内容の違い

銀行カードローンと消費者金融カードローンの具体的なサービスの内容を比較してみましょう。

 

銀行カードローンの場合は、消費者金融カードローンよりも金利が安く、目的ローンと合わせて利用することで、さらに金利が安くなるなど、

 

返済負担を軽くするためのサービスが充実しています。

 

また、ご利用残高に応じてポイントが付与されるなど、お得に利用できるサービスが多もいようです。

 

例えば、イオン銀行カードローンでは、ご利用残高10万円ごとにWAONぽいんとが付与されて、ショッピングにも利用できるので実用的ですね。

 

一方、消費者金融カードローンのサービスといえば、代表的なものは即日融資でしょう。

 

お急ぎの方、今日中にお金を借りたい方にはとても魅力的なサービスですね。

 

さらに、プロミス、アコム、アイフルなど一部の大手では初回30日間無利息サービスも行っており、期間内であれば無利息で返済することも可能です。

 

比較的金利が高い消費者金融カードローンですが、急な出費で「すぐお金が必要」という状況においては、「即日融資」と「30日間無利息」の2つのサービスは強い味方になってくれるのではないでしょうか。

 

まとめ〜あなたに合ったカードローンの選び方〜

いかがでしたでしょうか。

 

それではここまでの内容を簡単に振り返ってみましょう。

 

【この記事のまとめ】

  • 消費者金融は、一個人に対して無担保で融資を行う貸金業者のことを言いますが、銀行カードローンは銀行が提供しているカードローンサービスです。
  • 銀行カードローンは「銀行法」、消費者金融カードローンは「貸金業法」と、それぞれに適応される法律が違います、
  • 「貸金業法」のもと融資を行う消費者金融カードローンでは「総量規制」による制限を受けるため、本人の年収の3分の1が借入金額の上限となります。
  • 銀行カードローンの金利は年3〜15%程度、消費者金融カードローンの金利は年5〜18%程度です。また、利息の計算方法についても違いがあります。
  • 銀行カードローンは、金利が低い分、消費者金融カードローンよりも審査基準が厳しく、審査スピードも遅い傾向にあります。
  • 消費者金融カードローンは、金利は高いものの「即日融資」、「30日間無利息」など「お金がすぐ必要」な状況において嬉しいサービスが充実しています。

 

あなたに合ったカードローンの選び方

これらの内容を加味して、あなたの状況に合ったカードローンを選ぶとすると、

 

低金利で計画的にお金を借りたい方には銀行カードローン、お金がすぐ必要になるような緊急時や一時的にお金が必要になった場合は消費者金融カードローンを選ぶのがよいでしょう。

 

あるいは、初回利用で30日以内で返済する見通しがあるのであれば、プロミスなどの「30日間無利息サービス」を利用してみてもいいかもしれません。